紫外線のダメージは毎日毎日少しずつ蓄積されていくようになり、肌に溜まっていきます。

 

そして、あるレベル位達してしまうと、シミなどの肌のトラブルとして表面に出てきます。

 

これは毎日少しずつ肌の深い部分にシミの種ができることによって現れることになります。

 

今は特別目立つことがないシミの種ですが、
年齢が高くなってくると急に目立つように表面に現れてくることがあります。

 

これも結局のところ若いうちにできてしまったということになります。

 

その原因は過剰にためてしまった紫外線です。

 

若いからといって日焼けを過剰に起こったなってしまうのはよくないということですね。
年齢に関係なく紫外線はお肌の大敵ということになります。

 

ちょっと神経質な位に紫外線をきちんと防ぐことが大切だと思います。
シミが表面化してしまってからそれを消そうとするのはかなりの労力を必要とします。

 

出来る限り今の家からシミの種を作らないように紫外線対策をしっかりしておくのが大切なのかもしれませんね。

 

脇は紫外線を浴びにくいといった考えも危険なのでキチンと予防策を立てておきましょう。

 

>>>脇ぶつぶつケア!