お肌に大敵と言える紫外線ですが完全に紫外線をカットしてしまうのも健康に良くないとされます。

 

多少は健康のために紫外線を浴びなければならないと言われています。
特に骨を丈夫にするために紫外線を少し詫びた方が良いと言われています。

 

確かに紫外線は皮膚の中でvitamin Dを作ってくれる役目を果たし、
骨にカルシウムの沈着を促す作用があります。

 

ですがそのために必要な紫外線はごくごく少ないのです。

 

両手の手のひらくらいの面積でいちにち約30分程度待てば良いと言われています。

 

日焼け止め化粧品を塗った上で紫外線対策をしても
完全に体を紫外線から守る事は不可能です。多少は紫外線分けてしまうと言うものです。

 

骨の健康のためには同程度の紫外線で十分とされています。

 

なので過剰に健康に対するだからといって大量にありすぎてしまうのも問題なので
エイジングケアを考えるのであれば、きちんと紫外線対策を行った上で改質することが大切なのです。

 

>>>脇ぶつぶつケア!TVで有名なエステでも使用中の専用クリーム